SEO

alt属性を設定して画像検索の流入アップさせよう

最近画像検索での流入が多くなってきた傾向があるのでaltタグの重要性についてまとめてみました。絶対に必要な設定ではないけど、設定したほうが100%いいと断言出出来ます。

htmlで表記されるものなのでWebをいじっていないと聞きなれないんだけどaltタグは重要な役割を担っているので未設定の方はこの機会にalt属性を書いてみましょう。

今回はalt属性の目的と役割、使い方を説明していきす。

alt(オルト)とは

altとは画像に付けるテキストタグの事で、Web制作では重要な役割を担います。代替テキストとも呼ばれていますが、altタグを設定することで検索エンジンに最適な画像を表示させる事ができ、良質なコンテンツが生まれます。

そんなaltタグはこのような記述になります。細かい記述方法は最後の方で説明しますね。

<img src="画像のURLが入ります" alt="ここに画像の説明"> 

alt属性の役割は主に3つ。どんな役割があるかと言うと、

  1. 検索エンジンに画像の内容を伝える役割
  2. 画像が表示されない時の代替テキストの役割
  3. リンク先のアンカーテキストになる役割

1つずつ説明していきますね。

alt属性の役割

まずはalt属性の3つの役割について説明します。

[1]検索エンジンに画像の内容を伝える役割

これが一番重要な役割ですが、検索エンジンはwebにある画像を見て何の画像だか判断が出来ません。なので代わりにaltタグに記載されている文字を読み取って画像に書いてある絵や写真を認識します。

このaltタグの文字がアクセス数に影響を与えるので画像に合わせたテキストを書けば画像検索からの流入が増えます。

画像検索

Googleもユーザーの求めている情報を検索上位にあげたいわけですからね。画像に正確な文章が書かれているとGoogleも認識しやすいので上位表示される可能性は上がります。

逆に、altタグが設定されていない画像はgoogleは何の画像だか認識出来ていない可能性があるので画像検索部分には表示がされにくい傾向にあります。

[補足] Googleはaltタグ以外でも前後の文章などでなんの画像かは認識は出来るみたいです。天才か!

ただ、altタグが書いてあったほうが正確な画像内容が伝えられるので当然書いたほうがいいです。

alt属性はSEOに影響はあるのか?

実際にSEOに影響があるのか調べましたがaltを設するだけでは検索順位を劇的に上がることはありません。残念ですがGoogleに画像の内容が認識されるようになるだけなのでこれだけでは順位UPはあまり期待しない方いいです。

ただし、画像検索で探している人向けには効果があります。

下の画像は「むさしの村」と画像検索をした時に私のサイトが上位に2つ表示されています。ここからWebサイトへ流入する事が結構あるので画像検索で上位を取る事は重要ですよ。

alt画像検索

画像検索はファッションとか商品を探している時に利用する人が多いみたいです。

通常のSEO以外でWebページへ流入させる方法になりますのでぜひ実行してくださいね。

画像を上位に上げるポイント

画像の近くに関連するテキストを置くとGoogleの検索エンジンは画像の理解度が高まるので画像検索の上位に表示されやすいですよ。

[2]画像が表示されない時の代替テキストの役割

通信状態が悪い時など画像が表示されない代わりにaltタグで設定したテキストが表示されます。altタグが設定されていれば代わりにテキストで内容を補填してくれているからいざという時に安心です。

また視覚障害者の方が読み上げ機能を使う場合はaltタグが入力されている事で画像の意味を認識出来るので情報を正確に伝えることが出来ます。

設定がないと画像部分が空欄になるだけだからね。

[3]リンク先のアンカーテキストとしての役割

画像にリンク設定すると、altが画像のアンカーテキストとしての役割をしてくれるのでリンク効果が期待できます。ちょっと難しいので例を出して説明します。

例えば、自分のサイトに商品のバナーを設置したと仮定します。

画像だけだとGoogleの検索エンジンはどこへリンクしているのか、何のバナーなのか分からないのでリンク先を評価しにくいんです。

そこでaltを設定するとリンクへ飛ぶ前に情報を把握できるので評価しやすくなります。

正確な情報をGoogleに伝えることによってサイト自体の信頼度が増し評価されやすくなります。

画像をリンクとして使用する場合、その画像の alt テキストが、テキストリンクのアンカー テキストと同様に扱われることです。ただし、テキストリンクで同じ目的を果たせる場合は、サイトのナビゲーションに画像を使いすぎることはおすすめしません。最後に、画像のファイル名と alt テキストを最適化すると、Google 画像検索のような画像検索プロジェクトが画像を適切に理解しやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

alt属性の適切な記述方法

altの正しい記述を説明します。特にNG部分を確認して書くようにしましょう。

<img src="画像のURLが入ります" alt="ここに画像の説明"> 

例えばこの写真を例にして説明します。

かわいいプードル犬

最適な書き方

文字数の基準はありませんが、10文字以内でまとめるのが理想だと思います。

  • 短くて分かりやすく書く
  • 関連がない画像は空欄にする

正しい書き方はこれだけ!

この画像の場合は「散歩するかわいいプードル犬」などがいいと思います。具体的な「散歩」を入れることで画像の意味が分かりやすくなるので。

シンプルに分かりやすい書き方がBESTです。

ダメな書き方

詳しく書きすぎるとスパム扱いになる可能性もあるので注意してね。

  • image1.jpgなどどこにでもある画像の書き方
  • 単語を並べる書き方(犬 かわいい プードル 飼いたい などを並べる)
  • 長い文章(犬を飼いたい方向けにプードルの可愛さを伝えます。例えば…など)

Googleのガイドラインに細く説明が書いてあるので細かい情報を知りたい方は読んでみてね。

画像検索の流入数を調べる方法

画像検索からの流入ってあるの?と疑問に思うのと思うので流入数を調べる方法を書いておきます。

Google Search Consoleで確認が出来ます。

検索パフォーマンスのメニュー→検索タイプ→画像→適用

これで画像検索数が確認出来ますよ。どれくらいアクセスがあるか確認してみて下さいね。

画像検索確認

まとめ

alt属性を設定するのは手間なんだけど効果が出る可能性が高いのでしっかり対策を行うべきです。面倒なので対策している人は結構少ないですよ。

ちなみに私も最初の方はまったくaltは書いていませんでした。最近修正していて効果が出てきたので。

「神は細部に宿る」この言葉通りに細かい設定を一緒に行いましょう。

おわり。

Freepik – jp.freepik.com によって作成された business ベクトル