ホームページ制作

Goope(グーペ)を使って感じたメリット・デメリット

Goope

お店のホームページを簡単に作れるサービスGoope(グーペ)の評判が良かったので実際に作ってみました。

同じオンラインでホームページを作れるサービスJimdo(ジンドゥー)Wix(ウィックス)も使ってみましたが、Goope(グーペ)は店舗に特化したサービスなのでお店を経営している方には一番オススメ出来るホームページ作成サービスです。

Goope(グーペ)はどんなサービスなのかメリット・デメリットを細かく紹介していきます。

Goope(グーペ)とは

Goope(グーペ)

Goope(グーペ)はインターネット大手のGMOグループ(GMOペパボ株式会社)が運営している日本発のホームページ作成サービスです。

同じようなサービスはWix、Jimdoとありますが、Goope(グーペ)は店舗を持つお店に特化しているホームページなんですね。

飲食店、美容・サロン、保育園、整体、アパレルなど様々な業種の方が利用しており、100,000人以上の方に選ばれています。

最大の特徴はお店で使う機能が備わったホームページを初心者でも簡単で作れること。

同じよなサービスを何個も経験してきましたが、ホームページを作るのが一番簡単でした。

こんな方にオススメ

Goope(グーペ)

Goope(グーペ)の利用者の9割が従業員5人以下の小規模事業者なので小さいお店の方が自分でホームページを立ち上げる時に利用されています。

  • 手間なくホームページを作りたい方
  • 新規でお店を開く方
  • 安く運営したい
  • はじめてホームページを作る方
  • 自分でホームページを作りたい方
  • 急いでサイトを立ち上げたい方
  • 一括の支払いが難しい方
  • スマホだけで作成・運営したい方

不向きな方

不向きな方はこちらです。

  • デザインにこだわりたい方
  • ホームページを使って集客したい方
  • ページ数の多いサイトを制作したい方
  • 自分で作業したくない方

メリットとデメリット

Goope(グーペ)を利用して感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

まずはメリットの紹介から。

[1]操作がものすごく簡単

Goope(グーペ)の操作はものすごく簡単です。デザインをいじる事なく管理画面で情報を入力するだけでデザインに反映されます。

例えばお知らせ機能(インフォメーション)の場合。

goopeお知らせ機能

お店の定休日や新しいメニューの告知などで利用しますが、管理画面上では「お知らせ」のメニューがすでにあり、項目を埋めるだけでホームページに反映されます。

goopeお知らせ機能

画像サイズは自動で調整してくれるので文字を入力して画像をアップするだけ

機能が制限されているのでカスタマイズは出来ないけど入力項目を埋めていくだけでホームページが出来上がるのでhtmlなどの知識がなくても簡単に作ることが出来ました。

もう1つ紹介するとメニューのページを追加すると、レストランやカフェで使えるメニューページを入力するだけで作る事が可能です。

Goopeメニューページ

全て項目に入力して写真を入れればOK。メニューページが完成しています。

Goopeメニューページ

管理画面の項目の場所を覚えるのに少し戸惑ったけど、操作を始めたらすぐなれました。

[2]店舗で使う機能が用意されている

飲食店やエステなどのお店向けに作られているホームページサービスなので最初からお知らせ情報や予約など必要な機能が用意されています。

実際に使える機能がこちら。

googpe機能

お知らせ
カレンダー
フォトアルバム
フリーページ
店舗情報
スタッフ紹介
メニュー
クーポン
求人ページ
ブログ

ネットショップ
お問い合わせ
予約
メールマガジン
アクセス解析
ファイルアップロード
SEOかんたん設定
外部サービス連携
独自ドメイン取得
SSLオプション

機能の数は多くはないけどお店で必要な機能が揃っているので助かりますね。

追加方法は項目を選択するだけでページが追加されるので簡単でした。

[3]スマホ・タブレットにも対応

今では当たり前ですが全デザインがスマホやタブレットに対応しているレスポンシブデザインになっています。

修正時のプレビューは出来ないので最初のデザインテンプレートを選択する時にスマホサイトの表示を確認しましょう。

goopeプレビュー

修正中のサイトのプレビュー機能はありません。テンプレートを選択した時点でホームページは既に公開されているので実際の公開URLでプレビューしてみましょう。

 

[4]スマホで更新ができる

goopeスマホ更新

スマホのアプリをインストールすることによりスマホだけでホームページを作ることも出来ます。

また、定休日の時や外出中などでもスマホがあればいつでも更新ができますよ。

ホームページから予約のお問い合わせがあった場合などはプッシュ通知で知らせてくれるのですぐ返信することが可能です。

これは助かる機能ですよね。

[5]表示速度が速い

Goope(グーペ)と同じようなサービスを提供しているサイト(WixやJimdoなど)はページの表示速度が遅いのが懸念材料でしたが、Goope(グーペ)は速いです。

読み込む時間がかかるとGoogleからの評価も悪くなるので検索順位が上がらないんですね。

オンラインで作るホームページ作成サービスは機能を読み込む時間がかかるので遅い傾向にあるんですが、Goope(グーペ)はシステムがいいのか表示は速いので心配がいらなかったです。

[6]カスタマイズ出来る外注先が多い

カスタマイズしたい方向けですが制作できる会社が多いのもGoopeのいいところです。

国内のサービスなので提携している会社が多いんですよね。

料金はプラスでかかりますがGoopeは利用している店舗が多いのでデザインが被る可能性があります。

少しだけでもデザイン・レイアウトを変えて差別化して作る事をオススメします。

参考までにグーペのカスタマイズで素敵なサイトだと思った2つをあげます。ここまでのクリティのサイトになるなら素晴らしいよね。

そしてもう一つ。

URL:甚六

デザインやレイアウトなどページ単位でも出来るのできになる方はお問い合わせください。

グーペデザインカスタマイズ事例
Goope(グーペ)でここまで出来る?デザインカスタマイズ事例Goope(グーペ)は誰でも簡単にホームページが作れるのですが、1番のデメリットとしてデザインの種類が少なく、他のお店とデザインが被って...

[7]マニュアルがわかりやすい

作業していて感じたことですが、管理画面のページごとにマニュアルがあるので困ったら調べればすぐ解決できます。

Goopeマニュアル

細かい設定で困ったときに助かりますね。

以上が使って感じたGoopeのメリットです。

 

デメリット

次はデメリットの紹介をします。

[1]デザインテンプレートが少ない

goopeデザイン

グーペのデザインは全部で37種類。選ぶ時思ったのですがちょっと少ないですね。

同じようなデザインが多かったのでもう少しバリエーションを増やしてもらえると嬉しいなと個人的には思います。

公式サイトでは色味などの組み合わせが全部で4,000通りあると書いてありましたが、正直あんまり違いはないかと。

デザインは素敵なので見た目も華やかなホームページが作れるんだけどね。もう少しバリエーションを増やしてもらえると嬉しいかも。

たぶん同じテンプレートを使っているので似たようなホームページを持つお店が多いと思います。

制作会社に依頼してカスタマイズも出来るのでデザインにこだわりたい方や、同じデザインが嫌な方はオリジナルのデザインを作ることをオススメします。

[2]レイアウトの修正が難しい

レイアウトが決まっている事がメリットではありますが、ホームページを作り込んでいくとデザインやレイアウトを変えたくなってくるんですよね。

「写真をもう少し大きく表示したい」とか、「デザインをもう少し華やかにしたい」とか欲が出てきます。アクセス数が出てきたら必ず思うはずです。

自由に変更が出来ないことはやはりデメリットの1つになりますね。

グーペでもレイアウトの変更は可能ですがhtmlの知識がないと難しいです。

私も多少は知識がある方だと思っていたので色々変更をしてみましたが、良く分からなかったので断念しました。

素人はいじらないほうがいいですね。オススメしないです。

 

[3]サポートはほぼない

電話のサポートは「スタンダードプラン(一番高いプラン)」のみ予約制で受けられます。

それ以外の方はWeb上で調べて解決するしかないですね。

グーペサポート

メールでの問い合わせも出来ますが返信が遅いので緊急時はかなり困ります。

Webサイトで問題点は細かく載っているのでじっくり読めば分かるけど窓口は欲しいですね。

[4] バックアップはない

オンラインのサービスなのでホームページデータのバックアップをとっておく事が出来ません。

また、Goope(グーペ)から他のサービスへホームページを移管する時もデータをそのまま移行することは出来ないので新規で作り直しになります。

あまり使う機会はない事だけど覚えておいた方がいいのでデメリットに書きました。

 

以上が使ってみた感じたグーペのデメリットです。

デザインさえ増えれば敵なしのサービスになる気がします。

使う上での注意点

次は使う上での注意点を紹介します。

[1]デザインは有料版も多い

37種類あるデザインテンプレートの内、無料版が22種類、有料版が15種類ありました。

有料版は無料版の見せ方を動きをつけたり装飾したりしたもので機能の違いはありません。

価格はどれも10,000(税抜)なので見栄えをよくしたいか考えて選んでくださいね。

[2]ホームページは既に公開されている

アカウントを登録した時点でホームページは公開されています。

公開ボタンを探したけどなかったので確認したら本番へ上がっていました。

公開してすぐはGoogleがページを認識しないので誰にもみられる事はないので安心出来ますが、気付かずにいると危ないよね。

登録したら早めにホームページを完成させる事をオススメします。

料金

3つのプランがありますので機能や予算でお好きなプランを選択してください。

エコノミープラン 1,000/月額
  • ディスク容量1G
  • メールアドレス10個
ライトプラン 1,500/月額
  • ディスク容量5G
  • メールアドレス10個
  • メルマガ機能
  • アクセス解析
  • お問い合わせフォームの編集
スタンダードプラン 3,500/月額
  • ディスク容量50G
  • メールアドレス100個
  • 独自ドメイン無料
  • メルマガ機能
  • アクセス解析
  • お問い合わせフォームの編集
  • 有料テンプレート使い放題
  • 電話サポート
  • 料金表記は全て税抜きです。
  • 契約時に初期費用(3,000円/税抜き)が別途必要です。

支払いは 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選べますが、12ヶ月だと割引が適用されます。

ライトプラン1,500円→1,000円

スタンダードプラン3,500円→3,000円

オススメはライトプランの12ヶ月契約ですね。年間12,000円(税抜)で利用出来るのでサーバー代と思えば安いと思います。

Goopeを使ってみた結果

ホームページを簡単に作れるGoopeを使ってみた感想は予算をかけられない店舗には最適なサービスだとわかりました。

簡単に作れるけど見た目はキレイなので数多くの店舗が利用しているワケだ!先ほど書いたデメリットを気にしないのであればかなりオススメ出来ます。

無料版はないけど15日間の無料お試しがあるのでまずは自分で操作して魅力を実感してみてくださいね。