ホームページ制作

Jimdo(ジンドゥー)を使って感じたメリット・デメリット

jimdoを使ってみた

オンラインでホームページを作れるサービス「Jimdo(ジンドゥー)」を使ってホームページを作ってみたので使い勝手やデザインなど気づいた点を紹介したいと思います。

前回、同じオンラインサービスを提供しているWix(ウィックス)を使ってみたので今回は国内で人気のサイトJimdo(ジンドゥー)を使いこなしてみました。

結論を先に書きますが

操作が簡単ではじめてホームページを作りたい方は「Jimdo(ジンドゥー)」

デザイン重視で細かい設定などをしてつくり込みたい方は「Wix(ウィックス)」

がオススメです。同じようなサービスですが使うと結構違いがあるので。

今回は、はじめてホームページを作る方が使いやすい「Jimdo(ジンドゥー)」を紹介します。

無料ではじめられるホームページ

Jimdo公式サイト

Jimdo(ジンドゥー)とは

jimdo

Jimdo(ジンドゥー)とは、ドイツのハンブルクにあるJimdo GmbH社によって運営されているオンラインホームページサービスです。日本では株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが協業しておりサービスを提供しています。

Jimdoはクラウド型ホームページ作成サービス国内トップクラスのサービスサイトで、日本国内だけで170万ユーザーが利用していて実績も十分。

最大の特徴はホームページを作ったことのない方が簡単にホームページを作れること。(無料ではじめられます)

オンラインで提供しているサービスを何個か作ってみましたJimdo(ジンドゥー)が本当に簡単に作れました。初心者向けのサービスですね。

こんな方にオススメ

Jimdo(ジンドゥー)を使うことをオススメ出来る方はコチラ。

  • はじめてホームページを作る方
  • 気軽にホームページを持ちたい方
  • 自分でホームページを作りたい方
  • 急いでサイトを立ち上げたい方
  • 一括の支払いが難しい方
  • スマホだけで作成・運営したい方

はじめてホームページを作る方には一番オススメできます。簡単に出来るので。

不向きな方

向かない方もいますので書いておきます。

  • ページ数の多いサイトを制作したい方
  • デザインにこだわりたい方
  • 本格的なECサイトを作りたい方
  • 自分で作業したくない方

細かい設定を希望する方や、デザインにこだわる方は向かないサービスです。

私はカスタマイズなどをしたい派なので正直物足りなかったです。たぶんJimdo(ジンドゥー)は不向きなタイプです。

メリットとデメリット

「Jimdo(ジンドゥー)」を使って感じたメリット・デメリットを紹介します。

メリット

まずはメリットから。

[1]操作がものすごく簡単

ホームページを実際に作ってみましたが、操作方法がシンプルなのでHTMLなどの知識がなくても全く問題なく作る事が出来ました。無駄な項目がなく本当にシンプルな管理画面だったよ。

はじめてホームページを作る方にはぴったりなサービスですね。逆にホームページを作った事がある方には物足りないかもしれません。

大げさかもしれないけど小学生に作り方を教えれば出来ると思ったくらい簡単だった。

例えばページタイトルを入れる場合、クリックしたら入力欄が出てくるのでテキストを書いて保存するだけ。これでタイトルが入ります。

Jimdo操作方法

フォントの設定や文字サイズの変更など細かい設定も出来るけど、基本テンプレートに合わせて文字や写真を修正していくだけなので簡単でした。

[2]レイアウト変更が可能

レイアウトパターンが40種類あるのでボタン1つで様々なレイアウトに変更することが可能です。

一般的なホームページはレイアウト変更をするとゼロから作り直しになりますが、Jimdo(ジンドゥー)は選択するだけで自動にレイアウトが変わるので色々試すことができました。

Jimdoレイアウト変更

作りこんでいく中でレイアウトを変えたほうがデザインがいい場合もあるので公開するまで何度でもレイアウト調整が出来るのは助かりますね。

レイアウトの細かい移動は出来ません。決まっているレイアウトパターンを選択する作業になります。

40種類近くのレイアウトパターンがあったので試してみてくださいね。

[3]スマホ・タブレットにも対応

全てのレイアウトがスマホやタブレットにも対応しています。

今では当たり前になっているレスポンシブデザインですね。そのためPCサイトを作り込めばスマホサイトも同様に出来ています。

プレビュー機能を使ってレイアウトを確認してみてくださいね。

jimdoプレビュー機能

プレビューを押すと右上にブラウザボタン(パソコンやスマホのアイコン)が出てきますので各ブラウザでどのように表示されているかチェックが出来ますよ。

Jimdoプレビュー画面

[4]スマホでも編集が可能

ジンドゥークリエイターアプリをインストールすれば外出先や移動中にスマホでログインして編集することが可能です。

Jimdoスマホアプリ

これは便利ですね。パソコンがない方でも作れるのが魅力です。

撮った写真をその場でホームページにアップできたり、移動中にブログを書けたりするので効率よくホームページ運営ができますね。

[5]ECサイトの機能も使える

ECサイトの機能があるのもJimdoの魅力の1つです。

jimdoのECサイト

例えば無料版は商品5つまで、決済方法はPaypalのみとなど制限はありますが商品をネット上で販売したい方は多いので役立つ機能だと思います。プランによって使える機能が違うので使うときは確認しましょう。

ただし簡易的な運用が出来るレベルなので商品数100点とか、ページを作り込んで本格運用する方は難しいですけどね。(地域別送料など細かい設定は出来ないみたいです)

一般的なサイトはEC機能だけを組み込むのもお金がかかるので初めから付いているのはいいですね。

[6]カスタマイズ出来る外注先が多い

企業向けサイトを作る方は活用して欲しいのですが、jimdoの機能やデザインをカスタマイズ出来るWeb制作会社がたくさんあります。

オリジナルのデザインでコーポレートサイトを作れて、更新は自分たちで簡単に出来るのでコーポレートサイトを提案するときに結構喜ばれます。

jimdoの料金以外に制作料金はかかりますが、運用面を考えると費用対効果はいいサイトかもしれませんよ。

 

以上がメリットの紹介です。

デメリット

次はデメリットの紹介をします。

[1]バックアップがない

JimdoはWeb上で完結するサービスなのでデータをバックアップすることができません。

一度消してしまえば復元は出来ないので注意が必要ですよ。

そして、Jimdoから他のサービス(WordPressなど)へ移行する場合もデータがないので新規で作り直すことになります。これは改善してほしいですね。

 

[2]電話サポートがない

サポートは全てチャット形式で質問します。電話のサポート窓口はないので困ったら自分で調べて解決するしかなさそうですね。

jimdoチャット

Web上で解決出来ることがほとんどなので困ったらサポートページで探してみてね。

電話でのサポートはないのですが、全国に約60箇所あるJimdoCafeで相談などが出来るそうです。近くにJimdoCafeがあれば行ってみてもいいかもしれませんね。

JimdoCafe

[3]容量制限がある

プランによって異なりますが容量制限がありファイルの重いデータが多いと画像がアップできなくなります。

JimdoFree(無料版)の場合はサーバー容量500MB。500MBはさすがに少ないかな。無料版なので仕方ないですが。

他のプランはこちらです。

  • Free プラン:500MB
  • Pro プラン:5GB
  • Business / SEO Plus / Platinum プラン:無制限

FreeプランとProプランの方は画像のサイズを気にしながら更新した方がいいですよ。すぐいっぱいになるので。

[4]無料版は広告が入る

無料版なので当然ではありますが広告枠が入ります。消す場合は有料版への切り替えが必要です。

目立つ広告が入るのかな?と思ったのですが、フッター部分にJimdoの広告が入るだけでした。

jimdo無料版広告

あまり目立たなくていいけどコーポレートサイトなどでは使えないね。

 

以上が使って感じたデメリットです。

使う上での注意点

次は使う上での注意点を紹介します。

[1]容量の大き画像を使うと読み込みが遅い

テンプレートサイト全般に言えることですが、ページの読み込みに時間がかかることがあります。ストレスを感じるほどではないのですが、ワンテンポ表示が遅れることがあるんですね。

特に容量の大きな画像を使うと遅いです。

それ以外は遅いと感じなかったので改善されてきている気がします。(昔は表示が遅かったので)

推奨されている画像サイズがあるので使う前にチェックしてくださいね。

[2]デザインにこだわるにはお金がかかる

Jimdoを使っていると「写真をもう少し大きくしたい」とか、「バナーをここに置きたい」などの欲が出てきたのですが、それが管理画面で簡単に出来ませんでした。

テンプレートサイトなので当たり前なんですけどね。

決められたレウアイトの中で文章や文字サイズを変えたり、色味を変えたりする機能が売りのサービスだからデザインはこだわれないと思った方がいいと思います。

htmlを使える方はカスタマイズが出来る可能性がありますが、カスタマイズしたいのであれば外注先に依頼することをオススメします。

無料版と有料版の違い

無料版と有料版の違いを紹介します。使える機能は同じですが容量や細かい設定が違います。

有料版にすると出来ること

  1. 広告を非表示に出来る
  2. サポート窓口が優先的になる
  3. 独自ドメインを使うことが出来る
  4. データ容量がUP
  5. 詳細ページのカスタマイズが出来る
  6. アクセス解析が使える
  7. モリサワフォントが使える

この7点が主な違いです。容量が上がり、広告が非表示に出来るのが大きな違いですね。

企業であれば有料版にしないと厳しいと思いますよ。

利用料金

利用プランは2種類あります。

  1. 自分でホームページを作る「ジンドゥークリエイター」
  2. AIがホームページを作ってくれる「ジンドゥー AI ビルダー」

料金が異なりますが今回は「ジンドゥークリエイター」の料金は紹介します。

「ジンドゥークリエイター」の料金

料金は年間支払いです。主な機能を書いています。

freeプラン 0/月額
  • すべての基本機能
  • ○○○.jimdofree.com サブドメイン
  • サーバー容量 500MB
proプラン 965/月額
  • 初回契約時無料のドメイン
  • 広告非表示
  • サーバー容量 5GB
  • ネットショップ商品5点
  • アクセス解析
BUSINESSプラン 2,460/月額
  • 初回契約時無料のドメイン
  • 広告非表示
  • サーバー容量無制限
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • ネットショップ商品無制限
  • アクセス解析
SEO PLUS 4,110/月額
  • 初回契約時無料のドメイン
  • 広告非表示
  • サーバー容量無制限
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • ネットショップ商品無制限
  • アクセス解析
  • 本格的な SEO アドオン
PLATINUM 5,190/月額
  • 初回契約時無料のドメイン
  • 広告非表示
  • サーバー容量無制限
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • ネットショップ商品無制限
  • アクセス解析
  • 本格的な SEO アドオン
  • クリエイターで使えるすべての機能

色々なプランがありますが、一番オススメはBUSINESSプランです。

詳細はjimdo公式ホームページでチェックしてね。

Jimdoを使ってみた結果

JImdoを使ってホームページを作ってみましたが操作が簡単で初心者向けのホームページサービスでした。

自分で作るホームページビルダの中では一番簡単に作れるんじゃないかな。無料版で作ってみて使えそうと思ったら有料版を検討してみるのがいいと思います。

カスタマイズしたい方は外注になるけどデザインにこだわることも出来るし、色々な使い方が出来ると思いますよ。

無料ではじめられるホームページ

Jimdo公式サイト